So-net無料ブログ作成

2005年10月12日 [バルジの戦い]

今日は、バルジの戦い(戦史)についての話を少し。

ゼップ・ディートリヒ率いる第6装甲軍の攻勢初日における攻撃は、
当初予定していたようには成功しませんでした。その大きな理由の
ひとつは、彼が第一撃に戦車を投入せず、歩兵(国民擲弾兵)で
戦線に穴を開けてから、戦車を投入しようと考えていたためです。

この「第一撃は戦車ではなく歩兵で」という方策を、ドイツ軍は
かつて重要な戦いで試み、失敗したことがあります。
時は、1943年7月、場所はクルスク突出部の北側面。
当時、第9軍の司令官だったヴァルター・モーデルは、
第一撃に戦車を投入せずに攻勢を開始し、後続の戦車を逐次投入
したものの、わずか15キロほど前進しただけで頓挫させられました。
一方、突出部南側面の部隊を率いるマンシュタインとホトは、
戦車を積極的に第一撃に投入した攻勢を実施し、25キロほどの
前進を行いましたが、ソ連軍の2個戦車軍による反撃を受け
(北では1個戦車軍)、熾烈な戦車戦を繰り広げた末に、
やはり停止を余儀なくされました。

それぞれの戦力比も兵力規模も戦場の環境もすべて違うので
単純な比較はできませんが、しかしバルジにおけるディートリヒ
の上官に当たるB軍集団司令官が、他でもないモーデル元帥
だというのは、単なる偶然でしょうか? フォン・マントイフェルは
モーデルを「攻撃よりは防御の人」と評していますが、彼は
ルジェフやクルスク以後の後退戦、末期の西部戦線など
防御戦や退却戦では卓越した手腕を発揮した反面、戦車を
用いた攻勢で成功したという経歴は皆無に近いようです。

ドイツ軍のアルデンヌ攻勢が失敗した背景には、補給物資の輸送
手段の不足など、さまざまな理由があったようですが、
もしB軍集団と第6装甲軍の司令官がそれぞれバルクと
フォン・メレンティンだったら、と考えながら、第6装甲軍のSS装甲師団
をゲームで第一撃に投入してみるのも、一興ではないでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0