So-net無料ブログ作成
検索選択

2007年4月26日 [戦略級 日露戦争]

本ブログに時おりご意見をいただいているQUIETさんのブログに、戦略級 日
露戦争のゲーム紹介と艦隊士気値ルールの不備についてのご批判が出てい
ます。私がテストした時には、司令官を失って敗走したロシア艦隊を日本海軍
の連合艦隊が追撃する場合、日本軍の戦艦に有利な艦隊間距離(私は「東
郷タッチ」と呼んでいますが、これも多少の問題ありとはいえ、良い修正案を
考えることができませんでした)で第2ラウンド以降を戦えるので、さほどの違
和感はなかったのですが、しかし「商船隊の襲撃すら行えないのに戦艦相手
の砲撃戦を行えるのはおかしい」というご批判もごもっともだと思います。です
ので、この問題に関しては新たな日本版改訂選択ルールとして、QUIETさん
が提示されている「艦隊士気値ゼロの艦隊に所属する全ての艦艇は、一切の
砲撃や魚雷発射を行えない」というルールを採用させていただくのが良いかと
思います。SPIスタッフはともかく、日本版の出版に際して私が気づいて改善
案を提示すべき重要な問題点だと思いますが、不注意にも見落としてしまいま
した。「戦略級 日露戦争」をご購入いただいた方には、ぜひ上記のQUIET
さん案のルール修正を適用してプレイしてください(依然としてホームページ
の更新ができない状況なので、公式ページへのエラータの反映は少し後にな
りますが、ご了承ください)。

http://zero.ferio.net/quiet/

情報伝達媒体としてのインターネットも、過渡期を過ぎて成熟期に入ったよう
で、ウォーゲーム関係の分野においても、明確で論理的なゲーム批評を行なう
ブログが少なからず運営されており、その中でもQUIETさんのブログは
評者の「立ち位置」が明確な上、視線の起点と到達点、自らが考える理想など
についても明快に記されているので、自分の関わったゲームはもちろん、それ
以外のゲームについての論評も非常に参考になります。個人的には、昨年11
月6日の「料理とウォーゲーム」という記事がとりわけ秀逸だったと思います。
ウォーゲームを趣味とする方には、ぜひ一読をお奨めしたい記事です。

http://zero.ferio.net/quiet/index.php?itemid=46&catid=12#more


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。