So-net無料ブログ作成
検索選択

2011年8月29日 [東方への突撃]

test082807s.jpg

昨日の日曜日、石田さんと『東方への突撃』上級ゲームの検証プレイテストを行いました。

test082806s.jpg

上級ゲームのルールは、基本ゲームのそれを骨格として、枝葉の部分に「実」をつけたような感じで、ゲーム全体のコンセプトさえ理解していれば、いずれも感覚的に理解が容易なものばかりです。私の主観的な基準では、難易度の10段階評価で、基本ゲームは3、上級ゲームは5くらいでしょうか。

test082805s.JPG

このゲームの戦闘解決システムは、既にご紹介しています通り、一般的なゲームより少し多めの「相殺」の戦闘結果と補充のシステムを組み合わせた、人的損害と消耗(および回復)の再現性が特徴ですが、上級ゲームではさらに両軍の「戦術的オプション」として、攻撃側の「損害度外視命令(効果なしの結果が無くなり、戦闘結果がよりブラッディになる)」と防御側の「死守命令(自軍の前プレイヤーターン終了時に宣言、防御側の損害が増加する代わりに退却の結果が少なくなる)」のルールが加わり、個々の戦闘解決時の「盛り上がり」はさらにアップします。

test082804s.JPG

兵科記号のところが「Fort」となっているユニットは、陣地状態にあるユニットです。ユニットが陣地状態になると、移動力がゼロになる上、攻撃を実行できなくなる(基本はマストアタックですが攻撃義務が免除される)反面、防御時の戦闘力が一定数アップし(戦車は除く)、さらに相手の攻撃が自動的に「損害度外視」となります。

test082803s.JPG

ちなみに、前回の記事でご紹介しましたケン先生のブログでも、その時の基本ゲームのテストについてのプレイ感想などが述べられています。

test082802s.JPG

今週末は、土日の二日間かけて、石田さんと本誌リプレイ記事用に、1941年6月から1945年5月までの上級ゲームのキャンペーン対戦を行う予定です。

test082801s.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。