So-net無料ブログ作成

2016年7月30日 [その他(戦史研究関係)]

今日も新刊本の告知です。ソフトカバーの単行本『5つの戦争から読みとく日本近現代史』が、ダイヤモンド社より7月28日に発売されました。

日本近現代史1s.jpg

明治の岩倉使節団から、戦前戦後の沖縄問題まで、学校の授業では端折られがちな日本の近現代史を、中高生から戦争経験者まで幅広い層を対象に、多面的に概説しました。

日本近現代史2s.jpg

本書の基本的なコンセプトは、名前だけなら誰もが知っている日本近現代史の出来事それぞれについて、当時の日本の指導者や国民から見た「主観的歴史」と、相手国や第三国の人々から見た「客観的歴史」の二方向から光を当て、正邪の二元論とは異なる立体的なモデルを浮かび上がらせようという試みです。

日本近現代史3s.jpg


日本近現代史4s.jpg

明治の岩倉使節団(不平等条約の撤廃と先進国の情勢視察を目的とした、日本政府の大規模視察団)から書き起こしていますが、最後まで読めば、その理由を理解できるかと思います。

日本近現代史5s.jpg

巻末には、日本の近現代史について外国人と意見交換する時に役立ててもらおうと、主要なキーワードのミニ和英辞典を収録しています(計8ページ)。三国干渉やリットン調査団、天皇機関説、企画院、朝鮮特需など、英語で説明する時にご活用ください。




秋のしずく1s.jpg


秋のしずく2s.jpg

また、高知新聞で昨年連載された終戦70周年の連載企画『秋(とき)のしずく』が、大判の単行本にまとめられました。私のインタビュー記事も再録されています。巻頭の折り込み、何だろうと思って広げたら、空襲で焦土となった高知市内の鮮明な写真でした。

秋のしずく3s.jpg


秋のしずく4s.jpg


秋のしずく5s.jpg


高知県民の戦争体験を記録した「秋のしずく」書籍に(高知新聞)

今のところアマゾンでは扱っていない模様なので、関心のある人は上のリンク先にある連絡先へ問い合わせてください。高知の戦争経験者の証言が中心で、当時の時代の空気を知る上で読み応えある本です。



8月5日発売予定の『【新版】中東戦争全史』(朝日文庫)の見本も到着しました。この本については、次回の更新で詳しくご紹介します。

中東戦争全史見本1s.jpg



 
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。