So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年10月9日 [隠(なばり)ゲームクラブ]

今日はまず告知から。9月30日に発売された、ロッキング・オン社の雑誌『SIGHT』64号に、先日の上京時に受けたインタビューの記事が掲載されています(残りはあと一本)。

SIGHT表紙s.jpg

特集テーマは「70年間戦争しなかった日本にYESと言いたい」。私も主旨に賛同します。中村哲さんや木村草太さん、保阪展人さんのインタビューもあります。

SIGHT記事1s.jpg

SIGHT』の記事には、私の顔写真も掲載されていますが、珍しく笑っているところ。インタビューのあと、渋谷陽一さんが撮って下さったものですが、私は笑顔を作るのが苦手で、恐い顔の写真ばかりなので、これは貴重です。「NOばかりでなくYESの観点も」という提言への賛同の意味もあります。

SIGHT記事2s.jpg

渋谷陽一さんとのインタビューは、リラックスした雰囲気で、日本会議問題に加えて、日の丸肯定の話、安倍晋三首相の父方の祖父である安倍寛議員の話、スーパー警察としての自衛隊の話など、多岐にわたる話題で楽しくお話できました。ぜひご一読を。

ロッキング・オン社『SIGHT』公式サイト



ラビリンス20161008as.jpg

さて、昨日は石田さんと久々に「隠(なばり)ゲームクラブ」を開催しました。お題はGMT社の『ラビリンス』。私はいつものように、ジハーディスト側を担当しました。

ラビリンス20161008fs.jpg


ラビリンス20161008cs.jpg


ラビリンス20161008bs.jpg

今回の対戦では、サウジアラビアで特に不穏な動きが見られましたが、事前に発覚して実行者は逮捕されました(WMD=大量破壊兵器による大規模テロが準備されたが、炸裂せず)。インドネシア/マレーシアと中央アジアが「反米のイスラム原理主義国」となった一方、アフガニスタンとパキスタンは逆に「政治体制の安定した親米国」になり、ジハーディスト(私)の敗北に終わりました。

ラビリンス20161008ds.jpg


ラビリンス20161008es.jpg

ただ、ジハーディストで大規模ジハードを試みて「反米のイスラム原理主義国」が誕生すると、なぜか観戦しに行った野球の試合でホームランが出たような気分になります。試合には負けましたが、ホームランが二本出たので、後味はさほど悪くありませんでした。終了後、名張駅前の海鮮居酒屋で、焼き牡蠣など食べながら一杯やりました。


ラビリンス20161008gs.jpg


ラビリンス20161008hs.jpg


GMT社の『ラビリンス』に関しては、初版の出た2010年以後の状況を再現できる拡張キット『ラビリンス:覚醒』が最近出版されました。マップに重ねるオーバーレイにより、イランは「体制変換可能なイスラム教国」になり、シリアは「大量破壊兵器を持っているかもしれない国」扱いになっています。そして過激派「ボコ・ハラム」が活動するナイジェリアとマリの国ボックスが追加されました。

下の画像は、オリジナル版とオーバーレイを置いた状態。

ラビリンス20161008is.jpg


ラビリンス20161008js.jpg


ラビリンス20161008ks.jpg

ラビリンス:覚醒』は、新く用意されたカードのセットでプレイするようです。「マララ・ユスフザイ」「プリズム(NSAの個人情報盗み取り)」「フェイスブック」「スノーデン」「バグダディ(自称カリフ)」「ISIL」「ジハーディ・ジョン(斬首者)」など、興味深い内容のカードが新たに追加されています。

ラビリンス20161008ns.jpg


ラビリンス20161008os.jpg

 
 
 

nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

大理石のゲーマー

アンジェイワイダ監督が亡くなられましたね…以前、ブログに取り上げられてたと記憶しています。再度、コメントいただけたらと、思います。
by 大理石のゲーマー (2016-10-22 21:08) 

Mas-Yamazaki

大理石のゲーマーさま:私は10月10日の早朝から旅行に出ていたため、ワイダ監督が亡くなったことを、つい先ほどまで知りませんでした。改めて、彼の作品を通しで観たくなりました。ワイダ監督の現代史についての視点は、戦史・紛争史の研究者として、参考になる点が多々ありました。ご冥福をお祈りします。
by Mas-Yamazaki (2016-11-03 02:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。